毛穴

毛穴の開きを解消して、毛穴レスの肌へ

肌のきめの細かさを左右する毛穴。しかし大人の肌の毛穴は、開いてしまったり、黒ずんでしまったりとトラブルを起こしがちです。年齢によって毛穴のトラブルの内容は異なりますが、たるみで毛穴が開いてしまうときめが粗くなるだけでなく、毛穴の影ができることで肌色も暗く見えてしまいます。

こんな悩みはありませんか?

  • メイクするとより毛穴が目立つ
  • 毛穴が年々広がってきた
  • きめが細かい肌になりたい
  • 頬のあたりの毛穴が目立つ
  • 鼻の毛穴が黒ずんでいる
  • 毛穴が赤くつまっている
  • 肌の凹凸で影ができている
毛穴

毛穴の開き、つまりの原因

肌の毛穴が開いてしまう原因は、肌質、年齢によって異なります。10~20代は皮脂腺が活発なためニキビができやすく、そのことで毛穴の開きを招きます。余分な皮脂が毛穴につまることことも多く、毛穴に汚れが溜まりやすい時期です。30代以降は肌の弾力が失われ始めたるみが始まり、たるんだことで毛穴開きを起こします。頬のあたりの毛穴が目立つようになっている場合たるみにより毛穴が引っ張られ開いているかもしれません。また年齢に関わらず、ホルモンバランスの乱れ、生活習慣の乱れは皮脂の過剰分泌を招き、毛穴の開きやつまりといったトラブルにつながります。

肌質のタイプ別には、乾燥肌の場合は肌の水分が足りなくなるとバリア機能が崩され、毛穴が開き目立ちます。脂性肌はもともと皮脂腺が大きいため余分な皮脂が出やすく毛穴がつまり、表面の皮脂が酸化を起こし黒ずみやすくなります。敏感肌は季節の変わり目、体調などで肌が過敏になりやすくどちらにも揺らぎやすくなります。乾燥、過剰な皮脂、はり不足が毛穴を目立たせる原因といえます。

こまちくりにっくでは、肌質、年齢、毛穴の状態に合わせた毛穴治療を行うことで、患者様の悩みを解消できる毛穴治療を提案して、きめが細かい理想の肌へと導きます。

毛穴の開き、つまりの原因

毛穴の種類

たるみ毛穴

帯状毛穴

黒ずみ毛穴

毛穴のトラブルは大きく分けると「開き」と「つまり」の2種類です。皮膚を持ち上げると毛穴が目立たなくなればたるみ毛穴です。たるみ毛穴が進行すると毛穴が楕円形や帯状になり、その範囲も頬全体にまで広がります。そのまま放置していると、肌の凹凸にまで発展することも。鼻や眉間などの毛穴が黒や赤く詰まっている場合は過剰な皮脂がつまり、表面の皮脂が酸化してメラニンが増えている状態です。

こまちくりにっくには開いた毛穴もつまった毛穴も改善する治療法があります。

毛穴の施術一覧