ほくろ・いぼ

気になるほくろ、いぼを除去して、明るい印象に!

気がついたら増えるほくろやいぼ。不自然な変化をしない限り放置していても問題ないことがほとんどですが、顔にある場合など、つい気になることも多いのではないでしょうか。ほくろやいぼは大きさや、できている場所によっては顔の印象を変えるほど見た目に影響を与えることもあります。

こんな悩みはありませんか?

  • 顔に目立つほくろがある
  • 鼻の真下など、ほくろの場所が悪い
  • メイクの時、ほくろが邪魔になる
  • 首や胸元にいぼが増えてきた
  • 顔に集中してほくろがある
  • 顔にいぼができて気になる
  • ほくろに突起があり、知らずに刺激を与えてしまう
ほくろ・いぼ

ほくろ・いぼの原因

ほくろの原因

ほくろは生まれつき、思春期までにできるもの、大人になってできるものがあります。思春期までにできるほくろは先天的なもので、遺伝子が原因だとされています。それ以降にできたものは基本的にはメラノサイト(メラニン色素を作る細胞)が表皮に集中したためにできた毛母細胞のかたまりです。メラノサイトは紫外線、摩擦、ホルモンバランスの乱れ、乾燥などの要因で増殖します。

いぼの原因

いぼにはウイルス感染が原因で起こる 尋常性疣贅(ウイルス性いぼ)と40代以降にできる老人性疣贅があります。ウィルスが原因の場合は引っ掻き傷などの傷口からウイルスが感染して発生します。老人性疣贅は紫外線の影響が大きく顔や首など露出しているところにできやすい特徴があります。皮膚の老化も原因の一つのため、高齢になればなるほど発生しやすくなります。

ほくろや老人性疣贅は自然に消失することはありません。普段から紫外線ケア、保湿に心がけ予防しておくことも大切です。

ほくろ・いぼの種類

ほくろの種類

色素性母斑

単純黒子

単純黒子はメラニンの生成によって発生したものです。色素性母斑はメラノサイトが原因で母斑細胞が増殖したものです。まれにほくろに似た形状でありながら、メラノーマ、有棘細胞がんなど悪性の腫瘍ということもあります。形や色がいびつなものなど違和感を感じるほくろは診察が必要です。

いぼの種類

尋常性疣贅(ウイルス性いぼ)

老人性疣贅

アクロコロルドン・スキンタッグ

尋常性疣贅は子供から大人まで誰でも発生します。老人性疣贅、アクロコロルドン・スキンタッグは皮膚の老化も原因の一つのため、おもに中年以降に発生します。