ボトックス

汗の悩みは非常にデリケートです。本人にとっても口に出しにくく、他の人が汗やにおいに気がついても指摘しづらいため、一人で悩んでいる人も多いのではないでしょうか。多汗症とは、必要以上に汗が分泌される状態のことを言います。多汗症になる原因は、生まれつきの体質、ホルモンバランスの乱れ、緊張などです。精神的な要因も大きいため「汗が出たらどうしよう」という不安で一層汗をかきやすくなるという悪循環を招きます。そのため多汗症を治療するのは大変有効で、改善することで日常生活が快適になります。

こんな悩みはありませんか?

  • ワキの汗が多い
  • 手のひらや足の裏に汗をかきやすい
  • 緊張すると大量の汗をかく
  • 軽度〜中度のワキガである
  • 自分のにおいが気になる
  • 汗をかくと体臭が気になる
ボトックス

ボトックスの治療のポイント

汗を分泌する汗腺は2つです。

99%の汗はエクリン汗腺から出る汗です。この汗腺から出る汗は無臭で、体温を調整する重要な役割があります。残りの汗はアポクリン汗腺という、耳、脇、陰部などから出る汗です。アクセリンから出る汗は特殊の物質が含まれているため、皮膚の細菌で分解されると、ワキガ特有のにおいを放ちます。ボトックス注射は、エクリン汗腺の汗を抑制しますが、エクリン汗腺の汗が抑制されると、雑菌の繁殖が軽減されます。そのためアポクリン汗腺から汗が出ても雑菌が繁殖しづらくワキガのにおいを抑えることができるのです。

ボトックスの治療方法

ボトックス

ボトックスには神経の伝達を弱める働きがあります。その働きを利用したのが、ボトックス注射による多汗症治療です。汗が気になる箇所にボトックスを注射します。注入されたボトックスの効果で、汗を出すという神経の命令が弱まります。わきの下の場合、汗が減ることで雑菌の繁殖が繁殖が軽減されにおい予防になります。軽度から中程度のわきがならば改善することも可能です。

ボトックスの副作用・リスク

妊娠中、授乳中、重症筋無力症などの特殊な病気以外のかたでしたら、特に副作はありません。
効果は6ヶ月程度のため、治療を繰り返す必要があります。

ボトックスの治療の流れ

汗の気になる部位にマーキングします。

マーキングした部位に、ボトックスを注射で注入します。

注入後3~4日後から効果が現れます。

ボトックスのよくある質問 Q&A

治療時の痛みが心配です。

注射なので針を刺す痛みはありますが、極細の針を使用していますので痛みは最小限です。ご希望があればクリームなどの夜表面麻酔も可能です。

ダウンタイムはありますか?

注射した部位に内出血の跡が残ることがありますが、数日でわからなくなります。腫れや、傷跡が残ることはありません。処置直後から通常通りの生活を送ることができます。

効果がない人はいますか?

効果がまったくないということはありません。

ボトックスの施術料金

施術内容 料金
両側(保険) 約¥30,000-
両側(自費) 追加調整なし ¥50,000-

料金はすべて税抜き価格です。